ハゲはどうしようもないと思っていた。元ハゲの後悔と現在。

ハゲはどうしようもないと思っていた。元ハゲの後悔と現在。

ハゲはどうしようもないと思っていた。元ハゲの後悔と現在。
はげ
ハゲに悩む人
「あぁ・・・毎日しんどい。育毛剤も全然効果ないし、ハゲってもうどうしようもないのかな・・・」

そんなあなたの気持ち、痛いほどわかる!

私も毎日苦しんでいたから。それまで自由に髪型を楽しむタイプだったので、余計にショックが大きくて、毎日生きることが苦痛だった・・・。

でも、正しい知識の習得とほんの少しの勇気で、その苦しみから解放されることができた。だから、あなたにもぜひ知って欲しい。

この記事はハゲのハゲによるハゲの為の、絶望と希望の物語である。

ハゲはどうしようもないという地獄

ハゲはどうしようもないという地獄

ハゲってなぜ、こんなにハードモードなのか?

ハゲと言うだけで、不当な扱いを受けまくる。ただ髪が無・・・いや、薄いと言うだけで。

他の部分はツルツルを望むくせに、頭だけはモサモサが正しいと言う矛盾を一心に受け、私が受けてきた恥辱の歴史を少しご紹介しよう。

ハゲの予感に心が荒んだ20代後半

「なんか最近、髪型がバチっと決まらないな・・・」

今思えば、あの時から始まっていたのだ。ハゲとの壮絶な戦いが。

おそらく、毛量が減ってきた事による「今まで出来ていた髪型ができなくなる」と言う始まりを知らせる現象。それから間もなく、私は自分をハゲだと認識した。

まだまだ女子にモテたいしオシャレもしたい20代。もうね、ただただ絶望の底で悶え苦しんでいたね。

ハゲの苦しみ

どこか他人事だった「ハゲる」と言う災厄が、まさか自分に降りかかってきたと言う現実。ガチで笑えん!!!

そりゃあもう必死でしたよ。何とかハゲを食い止める術はないかと。

巷の「生える!」という噂に振り回される

とにかく古今東西、あらゆる発毛法を試したな。

スカルプシャンプー、何ちゃら成分配合の育毛剤、わかめやら大豆やら「髪にいい」とされる食品の摂取、ストレスを貯めない生活・・・。

しかし、奴らの進行は止まるどころかますます勢いを増すばかり。それに反比例してすり減っていく自尊心。

ボクらはあの日、世の中の「生える!」は「生えない!」と知ったんだ。

雨風に怯え、フサへの無慈悲な憎しみを募らせる日々

雨風に怯え、フサへの無慈悲な憎しみを募らせる日々

ハゲてくるととにかく、敵が増える。

昨日の敵は今日の友ならぬ、昨日の友は今日の敵状態。

水分・湿気・風は憎むべき敵へ

ハゲる前までは、風情を楽しむ情緒的な存在だった雨風も、ハゲてしまえば最大の敵となる。

とにかくプールや海なんて、紛争地の地雷源並に近づいちゃいけない場所になったし、梅雨時期の湿気も、地球の嫌がらせにしか思えなくなる。

生き残った毛達を総動員して、何とか誤魔化そうとしているのに「水分」を相手にするともはや負け戦。戦闘機に竹槍で挑むような戦い。

風が強い日も鬼門。スプレーでガチガチに固めていても、めくれ上がって生え際が露出するとアウト。

もうね、とにかく外に出かけたくなくなるんだよね。

街行くフサがただただ、憎い

ハゲになると心もすさむ。

街行くフサがただただ、憎い

街を歩いている時にすれ違うフサ達が憎くてしょうがなくなる。特にブサイク(失礼)なくせに、ふさふさしてる奴見ると

「お前にそんな毛量いらんやろ!よこせ!!」とか思うし(性格悪い)全員はげろ!と、人類を呪うこともしばしば。

もはや、ハゲに人生を狂わされたと言っても過言ではない。人をここまで変えてしまう、ハゲ・・・・。恐るべし。

ハゲは治ると知った衝撃と光明

ハゲは治ると知った衝撃と光明

そんな発毛自粛中・脱毛パンデミックのハゲ禍の最中、とある衝撃の事実を見つける。

少し時系列をさかのぼって、解説していこう。

世の中の「はげ常識」にふと疑問を抱く

「ちゃんとシャンプーしないと皮脂が毛穴に溜まって脱毛の原因に・・・・。」

「乱れた生活習慣により、毛穴がどうのこうの・・・・。」

ハゲには鏡に映る自分より見慣れた文言だが、とある日、いつもの駅の片隅でうずくまるフサフサボサボサのホームレスを見てふと思う。

「・・・ん?じゃあホームレスとか先住民族的な人たちって全員ハゲてないとおかしくね?」

気づいてはいけない事に気づいた気がした。そうだよ、この人たち「髪に良くない」って言われてることの真逆をいってるのになぜハゲてない!?

ハゲの矛盾

それからと言うもの、盲目的に信用していた「ハゲ情報」を1から洗い直す事にした。だって実際効果出てなかったしね。

結論、世の中に溢れるハゲ関連情報は育毛業界が金儲けの為に流している根拠のないものがほとんどだとわかった。

民間企業の私利私欲の為に、ハゲたくない!と言う我々の切なる思いが食い物にされていた訳だ。

この世に正義はないのですか?

衝撃のAGAと「発毛剤」の存在

私はありとあらゆるハゲ情報を漁っていたし、AGAの存在は前からちょろっと聞いたことはあった。

しかし、アート◯イチャー的な何百万もする発毛法だろ?と、まともに調べてはいなかったからその色眼鏡を取って、1から調べ直してみて思った。

自分はなんてバカだったんだろう、と。

きちんと科学的に日本皮膚科学会が「大いに推奨する、毛を生やす効果がある」とお墨付きを与えているのがAGA治療じゃないか!!

証拠

そして、民間企業のうさん臭い育毛剤ではなく国が認めた「発毛剤」があるだと!?

まさに衝撃。ハゲと言う病魔の特効薬・ワクチンの存在があると言う衝撃に震えた。これで自分のハゲが治るかもしれない!

そう思うといてもたってもいられなかった。

希望と不安の中で踏み出した一歩

毛が生える?毛が生える?!毛が生えるのか!?!

そんな希望と、今まで裏切られてきた経験による不安の中で踏み出した大きな一歩。

この一歩がなければ、今頃私は伝説級の大いなるハゲに進化していただろう。AGAは進行性の為、治療をしなければ症状が悪化していくだけだ。

治療を始めて1年。ハゲに苦しむ全ての人へ伝えたい事

治療を始めて1年。ハゲに苦しむ全ての人へ伝えたい事

だから、全ての愛すべきハゲ達に伝えたい。現在の私の姿を。

帰ってきた!黄泉の国から頭髪達が帰ってきた!

私がハゲに悩み行動した結果、AGA治療のおかげで、黄泉の国から頭髪達が帰ってた。

おこと主

嘘でもステマとかでもなく、AGA治療による薬のおかげ。国が「ハゲの進行を止め、毛を生やす」と認めた薬のおかげ。

AGAはある種の病気だ。病気やケガをすれば病院に行き、然るべき薬や処置を行う。それと何ら変わない。

医師が処方する「医薬品」だから、そりゃ効果があるのは当たり前。逆に生えてこなければおかしいのだ。

髪の毛がある、という当たり前じゃなかった当たり前の事

髪の毛がある。失ってみて初めて気づく大切さ。

たったそれだけの事で、今までの地獄の日々が嘘のように晴れやかになる。雨風に怯えなくていいし、人の視線を気にしなくなる。

好きな髪型にまたチャレンジできるし、女子とも自信を持って喋れるようになる。ここは天国ですか?

自己肯定感が爆上がりし、何ならハゲる前よりも幸せに感じる。

今、1ミリでもハゲに悩んでいるのなら・・・

だからもし、あなたが今1ミリでもハゲに悩んでいるのなら、勇気を出して一歩踏み出して欲しい。

AGAのことも含め、私が何を行ったのか?どうすればいいのか?といった事を全て、この記事にまとめてある。

関連記事 【元ハゲが語る】ハゲはほぼ確実に治る。フサへ転生出来る唯一の方法。

ぜひ、あなたとハゲの苦しみの連鎖をここで断ち切ろう。

その先には、あなたが失った「自分らしく生きることができる」素敵な未来が待っている。

関連記事

やぁ、同志よ。 これを見ているという事は、君はハゲか、もしくはハゲかけているのだろう。 髪を生やしたい。とにかく生やしたい。この「ハゲ」という苦しみから逃れたい。髪を生やす方法があるのなら、悪魔にさえ魂を売ってやる。そんなところ[…]

【元ハゲが語る】ハゲは確実に治る。フサへ転生出来る唯一の方法。
ハゲはどうしようもないと思っていた。元ハゲの後悔と現在。
最新情報をチェックしよう!